任意売却とは住宅ローンなどが予期せぬ理由から支払いが困難になり延滞を起こし銀行から返済の請求を受けた場合、時間が経過すると競売通知などが届く場合があります。これでは所有者の意思とは関係なく売却が進み返済が終わらず、借金だけが残る事も現実ございます。弊社では事前にご相談いただければその相談時期に合わせて金融機関との話し合いや債権会社との話し合いなどを執り行いなるべく待遇を考慮していただく話し合いを致します。
また、通常では借金として返済金が残ってしまう場合でも方法を考えます。これは現在の経済状況や現状に合わせ所有者と話し合います。今までも数多く金融機関と話し合い進めてきた実績もございます。
弊社では今後の所有者の更生に向けてお手伝いすることを念頭に所有者のトータル利益を確保していきます。
 ■良くあるご質問をご紹介致します。
 怪我などで入院してしまい収入が一時的に無く、延滞してしまった。どうしたらよいでしょうか?
 突発的な事故等の場合、保険などもあります。なるべく早くご自身か親類の方に金融期間に連絡をしてもらい返済計画を相談しましょう。
 連絡次第によっては特約などの打ち切りも無く返済の一時停止や元金返済停止など処置もあります。早い相談が必要です。
 督促が来てしまった。忙しくて連絡していない。
 数回にわたる督促の場合、金融機関の取扱部署が変わります。債権回収部ということになり全額返済の話し合いが中心となります。
 話し合いが付かない場合は債権回収会社へ移行されます。所有者の事情などを弊社にご相談下さい。ここからは説明がしっかり出来る第三者を立てるべきです。
 裁判所から競売通知が来た。出張していて気が付かなかった。どうしよう。
 実際にこのような相談は少なくありませんが、金融機関から債権回収会社、そして裁判所の申請の許可となっての通知です。
 そのままにせず、弊社にご相談下さい。債権者、裁判所と連絡するにもきちんと方向性を決めてからのほうが良いです。
   債権回収会社から連絡が来た。電話したほうが良いか?
   債権回収会社は名前は怖いですが、しっかりとした金融機関です。連絡はとるべきです。電話に出ない連絡しないとは自由にどうぞと言うのと同じです。
 弊社にご相談頂いた場合は、所有者に変わりご連絡致します。今後の条件なども話し合います。
   他にも返済があり、どうにもならなくなりました。
 沢山の段階がありそれをすべて「まだいいや」とやり過ごすと取り返しがつかなくなります。それでも精神的な所から追い詰められ相談できない状態になって
 しまったのかもしれません。一人で困らず、是非ご相談下さい。弊社だけでなく司法書士・弁護士とネットワークにて内容の解決を執り行います。

よくあるご質問では実際に相談がある時期を示しています。なるべく早い段階から困りごとをご相談いただければその後の展開は変わります。
任意売却とは所有者の意思のもと売却することですが、通常の売却ではなく金融機関からの指示提案に従い売却に協力的にすすめるということです。
任意の相談は金融機関だけではありません。税金延滞でも起こるのです。差し押さえからの公売などです。車の税金、国税などでも発生します。
相続による相続税なども含まれます。毎回自分の身に起こる事ではありませんから戸惑うことだらけです。事前の相談から予備知識をつけたり、どのようにしていけばいいか相談するのは恥ずかしいことではありません。逆に自分を守る行動です。情報を得て知識にして判断するこれが一番危険を回避する方法です。








ハウジングランド 事務所・免許

【事務所】 
 株式会社ハウジングランド
 〒359-1142 埼玉県所沢市上新井5丁目15番16
 TEL 04-2931-5955 FAX 04-2926-9100
 E-mail:info@housingland.jp
【免許】
 埼玉県知事免許(13)第4287号
【加盟団体】
(社)全国宅地建物取引業保証協会会員
(社)埼玉県宅地建物取引業協会会員

ハウジングランド個人情報保護